シミ隠しで美肌になれる|最新技術はあなどれない

特性を知って使い分ける

化粧水

三種類の性質

ビタミンc誘導体はビタミンcの長所を生かしつつ肌への浸透性と安全性を高めた美容成分です。特に肌の美白に対する効果は非常に優れているため、ビタミンc誘導体を配合した化粧品は続々と新製品が販売されています。ビタミンc誘導体には水溶性のタイプと脂溶性のタイプ、さらに水溶性と脂溶性の長所をミックスした新型のアプレシエというタイプとがあります。化粧品にも種類によって水性のものと油性のものとがあるので、水溶性のビタミンc誘導体は化粧水などの水性の化粧品に、脂溶性のビタミンc誘導体はクリームなどの油性の化粧品に使用されています。どちらを使った方がよいかについては、自分の肌質を十分に考えた上で決めるのがよいとされています。

乾燥肌への使い方

ビタミンc誘導体の代表的な効果は美白効果です。そのため、中には日焼けした肌を早く白く戻したいからとビタミンc誘導体の配合された化粧品を大量に使用する人などもいるようです。しかし、ビタミンc誘導体は適切に使わないと肌の乾燥を招くこともあるので使い方には配慮することが大切です。一般に、美白化粧品には肌を乾燥させやすいという性質があります。そこで各化粧品メーカーではビタミンc誘導体入りの化粧品にほかの保湿成分を配合することで乾燥を防ぐといった工夫をしています。普通肌の人と乾燥肌の人とでは同じ化粧品を使っても使用感が異なる場合もあります。乾燥肌の人は水溶性のビタミンc誘導体入り化粧水を多く使うより、脂溶性かアプレシエの配合されたクリームや美容液を使う方がよいでしょう。